女子大実況と手ほどき(と自身)のありがちな

沙依(さより)と自身(仮称“B”)はカップルの縁です。小学生の時からの幼馴染みです家内。思う存分片思いして来ただけに、キャンパスでこれから白状し、付き合う事が出来るようになったのは心からありがたい。
けどこんな自身に、今どき“脅威”が迫りつつあった。それはある日の昼過ぎ、家内と二人、キャンパス内的の喫茶店で食事をしていたときの要素、
「やあ、沙依氏」
「あ、教員」
家内に親しげに語りかける中年のダディ。旦那は沙依のセミナーの職務手ほどき、K(仮称)です。自身をさしおいて、二人は親しげにダイアログをやる。やはり自身はこんな二人のダイアログに加わる余裕なんて薄い。
そういえばこういうKという相手方、女教え子に手を出しておるというクチコミを聞いた事が……いいえ、沙依は大丈夫。はい……不安だった。
――その一方、沙依はある日の放課後、講義で1第三者インタビューをまとめていた。そして書類を取ろうと本棚に伺うが、棚の上に置かれていて家内では手が届かない。
その時、裏手にいたK手ほどきが書類をとり、家内に手渡してくれた。
「有難うございま――ん!?」
急遽Kに棚に押し付けられ、熱烈なキスをされる沙依。
「氏もこうした日数まで残って、その意思があったんだろう?」
「そ、あんな動機――」
だが家内は手ほどきの毒牙にしくじり、犯されてしまい――
正規作品は大切な幼馴染みの家内を手ほどきに寝取られて仕舞うお伝え。
沙依は華奢でかわいい学生。でも、気弱で御世辞にも夫に歯向かう要素の出来る様な少女では無かった。それだけに屈強な体のK手ほどきに狙われてしまい、放課後、家内は一人書類をまとめてあるフロアを……。
最初は手ほどきとの縁は嫌々だった。当然です。大切な彼氏がいるのだから。しかし、手ほどきの精悍な肉体と、手ほどきとしてのメンズ的優しさ、そして他にあちらをする女性がいないという単独をわかり、沙依は段々旦那に惹かれて仕舞う。その上、旦那はセッ○スがウマく、刺々しい。とてもじゃないが幼馴染みの彼氏とは比べ物にならないほどに。
彼氏の知らない界隈で進行して出向くつまみ食い。もはや引き返せない縁にまで堕ちて赴き……
というあらすじですね。見どころは沙依ちゃんと手ほどきの体格開き、長身と小柄なアベックという着こなしでしょうか。
また、寝取られ中身が非常に著しいのもいいですね。手ほどきにセッ○スづけにされてしまい、メロメロになって行く沙依。最早彼氏に過半数勢いは消え去り、無力なものと化していきます。
よし三人の異性の行方は?
やむを得ず、善悪一度、見本を読んでみてください!後悔しない質だ!
兵庫県の不倫相談