女子大実況とレクチャー(と僕)のありがちな

ユニバーシティの一室で、自身・沙依は放課後に資料をまとめていた。Kレクチャーが残ってもいいと言っていたのも生じる。
「あ、資料が……」
本棚の上に必要な資料があるのに、小柄な自身には拳固が届かなかった。いかんせん。脚立もないし……。
でもその時、すっ、と背後から大きな拳固が伸びて資料を取ってくれた。Kレクチャーです。
「有難うございま――ん!?」
振り向いて挨拶を言おうとしたシーン、俄然Kレクチャーに棚に押し付けられ、熱烈なキスをされる自身。その上、ミルクまで被服の上記から揉まれ、完全にこれはレクチャーと精との関係を越えていた。
「な、なにを講じるんですか」
「さんもそんなひとときまで残って、その考えがあったんだろう?」
「そ、こんな目論見――」
それほどいおうとしたものの、レクチャーに口をふさがれ、舌が来る。舌に舌を絡められ、互いの粘液がくちゅくちゅとサウンドを立てて響き渡る。
「んんっ……」
こんな事しちゃ貧弱のに。自身には亭主がいるのに……でも頭はぼうっとして来るし、アソコはじんじん濡れて来てしまい……。
レクチャーの愛撫はよりエスカレートし始め、自身は、
「ん、んん……ッ!?」
びくびくっと人体を震わせてイって仕舞う。
洗い浚いはこの時からだった。レクチャーと自身が、亭主を裏切って関係を持つようになったのは……。
文献作品は大切な幼馴染みの恋人をレクチャーに寝取られて仕舞うアナウンス。
キャラは三個々。沙依とBという亭主、Kというレクチャー。Bと沙依は小学生からの幼馴染みで、Bの開示により、ユニバーシティから付き合い始めた新しいアベック。
でもあんな二人に魔の拳固が取り掛かる。目標はおかあさん生徒への手癖が悪いと有名なKレクチャー。亭主は沙依のセミナーのエキスパートでも有り、恋人が放課後、自らニュースをまとめて要る位置を襲撃。犯してしまう。
しかも中に出されてしまい、処女まで奪われてしまう。亭主へ脳内で謝罪始める沙依。でもそれで二人の関係は成し遂げるはずも無く、却ってそこからがレクチャーの奮闘という見た目だった。亭主に身の回り犯されるようにある沙依。荒々しいセッ○ス。でもそれが段々クセになってしまい――。
というあらすじですね。かよわい小柄な恋人が、屈強なボリュームのオジンレクチャーに犯される。有難いシチュエーションですね。寝取られアイテムをよむなら文献作品。そんなに強くお求め目指すだ。
ちなみに文献作品、アナルや孕ませなど、何かとディープな要素が満開。寝取られアイテムがフェチならほとんど絶対上出来出来るでしょう!
やむを得ず、善悪一度、例を読んでみてください!後悔しない出来だ!
大阪市の興信所